スポンサードリンク

2014年01月12日

GoogleAnalyticsで自分のIPを除外する(Seesaaのアクセス解析では自分IP除外はできない?)

Google-Analytics-icon.png
「100アクセスあった!良かった!」
内訳を見てみたら全部自分でした、だと顧客に報告できないマズい数字になってしまいます。
ということで、Analyticsで自分(のIPアドレスからのアクセス)を除外する設定をしておきましょう。@
自分のIPアドレスを調べる。確認くんが良いでしょう。

A
そのIPアドレスをGoogleAnalyticsに登録。
細かい手順をBから書きます。

B
2014-01-12_020538.jpg
アナリティクスにログインして、右上の[アナリティクス設定]をクリックすると、この画面を呼び出せます。

C
画像の右下に表示されている[フィルタ]をクリック。
するとこんな画面になります。(すでにフィルタを1つ登録後なんですが)
2014-01-12_020808.jpg

D
[+新しいフィルタ]をクリックして登録画面へ遷移させます。
するとこんな画面になります。
2014-01-12_020951.jpg

E
[フィルタ名]に適当な名前を入れます。私のだと「自宅を除外」とかそんな感じです。
で、合わせて真ん中のドロップダウンリストから[IPアドレスからのトラフィック]を選択する。
2014-01-12_021348.jpg

F
IPアドレス入力ができるようになるので、@で調べた自分のIPアドレスを入力して、[保存]をクリックして完成。
見たままでしか判断してませんが、IPv6対応もしてるみたいですね。

G
ちゃんと設定できたのか?の確認方法は前のseesaaブログにGoogleアナリティクス入れれたのでメモでも書きましたが、実際に入ったかどうかを見るのは、リアルタイムで自分が接続した時に0人(というか自分と思しき人がいない)になってればきちんと自分が除外できてるので今回の対応としてはOKってことです。
2014-01-12_021841.jpg
まあ、このブログは自分を除外すると、この通りきちんと0が確認できましたがね!
頑張ります。

ちなみに。
Seesaaブログでブログ執筆されている方々はご存じと思いますが、デフォルトでくっついてるアクセス解析。
2014-01-12_022204.jpg
これでも自分を除外ってできないのかな?と思って調べたんですが、どうやら手段がないらしいです(?)。
なんか、このSeesaaさんのアクセス解析は明らかに想定よりアクセス数が多く出るのがすごく気になるんですよね…。

軽く検証をやってみたのですが、
Analyticsでリアルタイムの様子をずっと監視してて0のままなのに、アクセス解析のページをリロードすると増えてたり、何か怪しい増え方をしている気がします…。
Analyticsが神様なんだろうなあという前提ですが、なんかそんな調査結果でした。

Google Analyticsで集客・売上をアップする方法
玉井 昇
ソーテック社
売り上げランキング: 1,793


スポンサードリンク

posted by おっ at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB解析系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック